免責事項

アンドロメディカルは医療器具番号5424-PSの製造ライセンスを所持しています、アンドロメディカルは製品の安全性と効果を証明するためにいくつかの国際的な健康認定を受けています。 アンドロメディカルのすべての製品ははISO認定そしてCEマークを得ています。

このサイトでは、製品の安全性と有効性について、多くの著名な泌尿器科医の証言が含まれています。サイト上の証言は、アンドロメディカルの製品を使用している実際の患者に対して行われた科学的研究によって裏付けられています。製品の使用結果は患者によって異なる場合があります。

この製品に関してこのウェブサイト上でなされた主張は、製品に対して実施されたいくつかの科学的研究によって裏付けられ、製品およびその安全性および有お部品の有効性を保証しています。

証言1:アンドロペニスの「効果的なペニスの増大」は以下の研究により支持されます:2008年に英国泌尿器の専門誌BJUインターナショナル(BJUI)にGontero博士によって発表されたトリノ大学(Sierra University of Turin)のSGB病院の科学的研究では、「ペニス増大器具は、期待に沿える最小侵襲方法で通常状態、勃起状態でも、効果的で耐久性のあるペニスの増大をもたらすことができる」と証言しています。米国国立医学図書館と医学雑誌BJUIで要約された全研究をPDFファイルで見ることができます。BJUI.

証言2:アンドロペニスの「持続的な陰茎の増大」は以下の研究によって支持されています。2008年に英国泌尿器の専門誌BJUインターナショナル(BJUI)にGontero博士によって発表されたトリノ大学(Sierra University of Turin)のSGB病院の科学的研究では「今回の研究では、6カ月間のペニス増大器具での治療後、 その後の6か月間は治療なしでもその効果をは維持された。」と証言しています。この研究について詳しく知りたい方は米国国立医学図書館と医学雑誌BJUIで要約された全研究をPDFファイルで見ることができます。BJUI.

証言3:アンドロメディカルの「通常状態および勃起状態のの拡ペニスの増大」は以下の研究によって支持されています。2008年に英国泌尿器の専門誌BJUインターナショナル(BJUI)にGontero博士によって発表されたトリノ大学(Sierra University of Turin)のSGB病院の科学的研究では「結論として、ペニス増大器具は、通常状態および勃起状態の両方において、ペニスに効果的で持続性のある増大をもたらすことができ期待に沿えるな最小侵襲方法である。」と述べています。この研究について詳しく知りたい方は米国国立医学図書館と医学雑誌BJUIで要約された全研究をPDFファイルで見ることができます。BJUI.

証言4:アンドロメディカルの「ペニス増大最大4㎝」は以下の研究によって支持されています。2005年にスペイン、マドリード大学病院事務長モンカダ博士が性医学ジャーナルに発表した科学研究の結果は「ペニス増大器具で4か月間の継続した治療は1cmから4cmの増大、厚さは0.5cmから1.5cmの増大結果になる」と述べています。この研究について詳しく知りたい方は2007年に米国泌尿器学会(AUA)で発表された医学雑誌JSMの16ページに掲載されています。2008年に英国泌尿器の専門誌BJUインターナショナル(BJUI)にGontero博士によって発表されたトリノ大学(Sierra University of Turin)のSGB病院の科学的研究では「使用6か月後ペニスに大幅な伸長の平均があった。通常時2.3cmと勃起時1.7㎝の増大し、目標サイズを満たしていた。」と述べています。、この研究について詳しく知りたい方は米国国立医学図書館と医学雑誌BJUIで要約された全研究をPDFファイルで見ることができます。BJUI.

証言5:アンドロペニスの「ペニスの太さ増大最大1.5㎝」は以下の研究によって支持されています。2005年にスペイン、マドリード大学病院事務長モンカダ博士が性医学ジャーナルに発表した科学研究の結果は「ペニス増大器具で4か月間の継続した治療は1cmから4cmの増大、厚さは0.5cmから1.5cmの増大結果になる」と述べています。この研究について詳しく知りたい方は2007年に米国泌尿器学会(AUA)で発表された医学雑誌JSMの16ページに掲載されています。2005年にZheng Lee博士が行った上海大学Renji病院(中国)の科学研究では、「ペニス周囲も通常時1.8cm、勃起時で1.9cm増加し、ペニス増大器具はペニスを長く、太く増大させることができる。そして、安全で副作用がない。」と述べています。研究をチェックすることができます。study.

証言6:アンドロぺイロニーの「ペイロニー病、先天性曲率などのペニス湾曲矯正のために医学的に処方される器具」は、以下の研究によって支持されています。2009年に英国泌尿器の専門誌BJUインターナショナル(BJUI)にGontero博士によって発表されたトリノ大学(Sierra University of Turin)のSGB病院の科学的研究で「ペニス増大器具を使用した我々の研究対象の患者のペニスは臨床的意義がほとんどない湾曲ペニスの改善をもたらしたが、病巣内注射のような他の一般的に使用される治療様式で達成されるものに匹敵する」と述べています。要約されたこの研究をPubMed(米国国立医学図書館)、医学雑誌JSMでの全研究を見ることができます。 JSM.

証言7:アンドロぺイロニーの「傷跡の生成によっておこる泌尿器手術後のペニス縮小を避ける」は以下の研究によって支持されています。2005年にスペイン、マドリード大学病院事務長モンカダ博士が性医学ジャーナルに発表した科学研究の結果は「ペニス増大器具を毎日8-12時間使用はぺイロニー病の手術を受けた患者のペニスの長さの損失を最小限にする効果的で安全な方法だ」と述べています。医療雑誌JSMでこの研究についてみることができます。JSM.

証言8:アンドロペニスミニの「マイクロペニス(8㎝以下のペニス)の男性に医療的に処方される器具」は以下の研究によって支持されています。Petrovich博士によってモスクワ(ロシア)の公衆衛生サービスと社会開発治療の科学研究では性医学に関する第十回ヨーロッパ社会学会で発表されました。 2007年11月25日~28日の結論では「ペニスが増大した性腺機能低下症の多くの患者は社会レベル、職業のレベルが上昇し、自尊心向上により社会接触が増加した。ペニス増大後に得られた結果は、アンドロペニスエクステンダー(ペニス増大器具)と組み合わせてのホルモン療法の有効性を評価することを可能にする」と述べています。この研究はESSM学会の発行物でを見ることができます。 ESSM.

アンドロメディカルの製品の使用に関して、製品ごとの説明書を必ず使用前にお読みになってください。 性器ヘルペス、性感染症、尿道炎、急性膀胱炎、急性前立腺炎、腹膜ヘルニア、皮膚炎、精巣癌、リンパ管癌、リンパ腫、対麻痺、四肢麻痺、糖尿病患者の場合、使用前に必ず医師に相談してください。 また、治療をする前、任意の病状診断のために認可された医療専門家に相談することを強く推奨しています。

このウェブサイトに販売されている薬に関して、表示されている記述と製品は米国食品医薬品局によって認定されていません。この製品はハーブ由来のもので処方成分は含まれておりません。これらの錠剤は、病気の診断、治療、治癒または予防を目的としたものではありません。 したがって、特定の疾患の治療を希望する方は、可能であれば当社の製品を使用する前に、資格のある統合医学の医師に相談する必要があります。

トップセラー器具、器具の販売されている年数についての証言はアンドロメディカルのセールスレポートをもとに記述しております。

免責事項: 当ホームページで掲載されている効果とは、連邦取引委員会(FTC)の定めるガイドラインに則り、あくまで『一般的に予想し得る効果』を意味し、ある特定の場合における一定以上の効果については、該当の臨床実験を併記して記載しています。効果は個人差がございます。当ホームページで紹介されている商品に関する情報および表現は米国食品医薬品局(FDA)による審査を受けておらず、いかなる疾病に対しても診断、治療、治癒、あるいは予防を意図したものではありません。服用前に必ず注意事項を読んでください。アレルギーをお持ちの方や、現在使用中の薬や治療との組み合わせについては専門医やかかりつけの医師にご相談ください。